骨盤矯正ベルトを使って健康になれる?!自分に合った骨盤矯正ベルトを使おう!

骨盤の歪みを整える骨盤矯正ベルトの正しい使い方をご存じでしょうか?骨盤とは仙骨、寛骨、尾骨で構成されて体を支える重要な骨です。ここでは、骨盤矯正ベルトを効果的に使用するポイントをご紹介しています。正しく使って骨盤ケアを始めましょう。

骨盤矯正ベルトってどういうの?

骨盤矯正ベルトとは、体に装着することで骨盤を矯正して体の歪みを改善する帯のことです。骨盤が正しい位置に戻ることは、周囲の内臓や筋肉などに影響をあたえて体の調子を整えることにもつながります。

ベルトを巻くだけで痩せる!

骨盤矯正ベルトにはダイエット効果があるとされます。気づかないうちにゆがんでしまった骨盤を正しい位置に戻すことで、脂肪がたまることを防げるからです。しかし、誤った巻き方でベルトを使用すると効果を得ることができません。正しく骨盤矯正ベルトを巻く方法は以下になります。

  1. ベルトを巻く位置を決めてから輪の状態にしたベルトを足に通します。
  2. ひざを立てたまま仰向けに寝転びお尻を高く持ち上げた骨盤高位から、最初に位置を確認したラインにベルトを装着します。

ベルトを締めるポイントは、お尻の穴を引き締めてからベルトを締め、しっかり止めることです。ベルトを締める強さは骨盤高位の姿勢で手のひら1枚が入る程度にしましょう。

歪んだ骨盤をサポートする

骨盤矯正ベルトの役割は、骨盤の外側から力を加えることで歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻すサポート効果があります。

骨盤矯正ベルトの使い方

骨盤をもとの位置に戻すためには、骨盤矯正ベルトを正しく使う必要があります。誤った使用方法は体調不良を招く可能性もありますので注意しましょう。

腰の下めにつけると体への負担が軽い!

骨盤矯正ベルトを巻く位置は、事前におへその下にある恥骨を指で押さえて外側へ手をずらしたところにある大転子という出っ張った骨を確認しておきます。骨盤矯正ベルトは、恥骨と大転子に添って巻くと体への負担が少ないです。間違った位置に巻いてしまうと違和感や痛みの原因になります。

ベルトを1日中つけるのは危険!

骨盤矯正ベルトは、力を加えて強制的に歪んだ骨盤を治すものなので、ベルトを1日中つけることは、体に負担がかかって危険です。骨盤の周囲にある皮膚や血管、内臓を圧迫しかねませんので、長時間の使用は避けて体に違和感があれば外すようにしましょう。

骨盤矯正ベルトの効果

骨盤は体の中心で上半身と下半身を支えている重要な部分です。骨盤矯正ベルトには、骨盤の歪みからくる体調不良の改善や予防に効果が期待できます。

妊娠で歪んだ骨盤を調整

妊娠や出産では、骨をつないでいる靭帯がゆるんで骨盤が歪んでしまいます。骨盤矯正ベルトは、妊娠で歪んだ骨盤をもとの位置に戻す効果があるとされます。

ギックリ腰などへの予防

ギックリ腰などの急性腰痛を発症した場合は、骨盤矯正ベルトを使うことで腹筋側から腰をサポートして、痛みを和らげることや再発予防に効果があるといわれます。

骨盤矯正ベルトの効果が大きい人の特徴

骨盤は妊娠や腰痛の他にも、日常生活の習慣などから気づかないうちに歪みが生じていることもあります。次にあげるタイプの人たちは、骨盤が歪んでいる可能性がありますので、骨盤矯正ベルトの効果も大きいと考えられます。

下半身が太りやすい

骨盤矯正ベルトで骨盤の歪みが解消すると、下半身が痩せることが期待できます。骨盤が歪みは、股関節がずれる原因になり内臓の位置が下がることで、その周辺に脂肪が溜まりやすく下半身が太くなりやすいからです。

お尻が大きい

骨盤の広がりはお尻を大きくさせます。骨盤矯正ベルトを使用することで腰回りを引きしめることができれば、脂肪もつきにくくなりダイエット効果に役立ちます。

姿勢が悪く猫背

猫背の人は骨盤が後ろに傾いている状態です。骨盤矯正ベルトで骨盤の位置を整えることは、猫背を解消して下腹が出た姿勢の改善に期待できます。

冷え性な人

骨盤が歪んでいると、周囲の筋肉が緊張して胃腸の働きが悪くなり、血液の流れが低下して体の芯から冷たくなる原因になります。骨盤矯正ベルトで血流悪化が解消すれば、冷え性の改善につながります。

くびれ部分の高さが平行でない人

くびれの位置が並行ではなく、どちらかに傾いている場合は、骨盤に左右の歪みがあると考えられます。骨盤矯正ベルトでくびれが正しい高さに戻ることができれば、腰痛などの改善にも期待ができます。

おすすめの骨盤矯正ベルト

妊娠中の骨盤の開きは、ホルモンの影響で起こりますが、大きく開いた骨盤は出産が終わってももとに戻るには時間がかかり、腰痛などの原因になります。産前と産後の骨盤ケアに欠かせないおすすめの骨盤矯正ベルトは、次の2点です。

産前・産後 トコちゃんベルト

妊娠中から使えて出産後もすぐに骨盤を矯正できるベルトが「トコちゃんベルト」です。トコちゃんベルトは、妊婦さんの骨盤ケアに医療機関でも推奨されている骨盤矯正ベルトであり、妊娠中の骨盤を支えて安産をサポートするとともに、産後は骨盤の回復を助ける効果が期待できます。トコちゃんベルトには3つのタイプがあり、骨盤の開き加減によって選べる妊婦さん用の2タイプと、あらゆる年代の骨盤ケアに使用するタイプがありますが、幅広い世代用に作られた骨盤ベルトは妊婦さんは使用できないようになっています。

ワコール 産後骨盤ベルト

ワコールから発売されている産後骨盤ベルトは、お腹に負担がかからず骨盤はしっかり支えるように、体をきつく締め付けたくない人に向けて作られた骨盤ベルトです。後ろ下方から骨盤を支えてベルトの強さの調整が自由にできるようになっており、妊娠中から産後にかけて使用できるタイプと、出産後の骨盤を部位に合わせてサポートするタイプの2種類があります。

まとめ

体の中心に位置する骨盤が歪むと、血液の流れ、筋肉の緊張、内臓の機能低下など、さまざまな体調不良の原因になります。これらを解消して、骨盤を正しい位置に戻す方法の一つが骨盤矯正ベルトです。骨盤矯正ベルトは骨盤に力を加えることで骨盤の歪みを整えるように作られており、妊婦さん用から生活習慣からくる骨盤ケア用など種類も分かれています。骨盤矯正ベルトは正しく安全に使って骨盤ケアをしましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です